大地のハンター展陸に上がって4億年の大進化

開催概要

森や草原、水辺や砂漠、地球上のあらゆる場所で、動物たちの食べる・食べられるというつながりがあり、狩るという行為の積み重ねによって、生態系のバランスが保たれています。
動物たちにとって狩りは、生きるために必要なエネルギーを得る重要な手段であり、効率よく狩りを行うために、動物たちは最適な身体を手に入れ、さまざまな技術を身につけてきました。
本展では、狩りを行う動物(大地のハンター)たちの進化の歴史を概観するとともに、現生の多種多様なハンターたちの特徴やハンティングテクニックを紹介します。

展覧会名
特別展「大地のハンター展」
会期
2021年3月〜6月(予定) ※詳細な会期などは改めてお知らせします。
※休館日や開館時間、入場料等の詳細は決定次第、お知らせします。
新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、会期を2021年春に延期いたします。
会場
国立科学博物館(東京・上野公園)
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
アクセス
JR「上野駅」(公園口)から徒歩5分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」(7番出口)から徒歩10分
京成線「京成上野駅」(正面口)から徒歩10分
※敷地内に駐車場および駐輪場はございません。
主催
国立科学博物館、日本経済新聞社、BSテレビ東京
お問い合わせ
050-5541-8600(ハローダイヤル) 受付時間 全日午前8時~午後10時
03-5814-9898(FAX)

Page Top